漫画雑誌を購入したのは何年ぶりだろう2008年12月10日 21時43分31秒

「もやしもん」なる連載漫画で地ビールがネタになってるというのを某掲示板で知り、連載されてる「イブニング」を購入しました。なかなか興味深い内容ですな。

新ブログ×2とりあえず設置2008年08月26日 00時21分08秒

FC2に新ブログを2つ(酒レビュー用とブログライター用)、とりあえず設置しました。順次整備して本格運用に入ります。

本格運用までの試行錯誤を野次馬したい人は、下記へどうぞ。

http://beermaniahira.blog7.fc2.com/(酒レビュー用)

http://hirabw.blog59.fc2.com/(ブログライター用)

本格運用開始したら、ここ(本拠地)は純パーソナルブログになりますので、広告を減らし外観をすっきりさせようと思ってます。

プロの仕事とは思えない2008年08月07日 16時15分36秒

http://diamond.jp/series/brandnew/10106/

こんなんで給料貰えるのかと思うとね、もうね...
680円握って書店に行って自遊人9月号を買えやと言いたくなりますな。

「もう一杯 極上のビールを飲もう!」2008年08月01日 19時29分29秒

「もう一杯 極上のビールを飲もう!」
エンターブレイン発行のムック。
「TOKYOカフェgrown-up 極上のビールを飲もう!」の続編になるのですね、知らなんだ(汗)

「ビールの常識」、「自遊人」とかぶる面がかなり有り、買おうかどうか悩んでたこのムックですが、ビールの分類、製法がビジュアルで見やすいのと、美味いビールを出す店の紹介で目新しい記事があったので、けっきょく購入しました。

柏コクリコ、横浜クラフトビアバーなど掲載されてます。

いまちょいと忙しいので、レビュー等はまた後ほど。

1点気付いたのだけど、このムックの編集者Nさんって、元アスキー社員でフリーになってMacPeopleの仕事してた人なんですね。MacPeopleの仕事ってのがビアバーでMac関係の人をインタビューする連載記事だったので覚えてました。

MacPeopleをステップにする格好で複数出版社からビール本刊行というのは驚きつか面白いですね。

続々・自遊人9月号2008年07月31日 09時33分48秒

くどくてすいません。くどいほど読んでたら、ちょっと嫌なことに気付いてしまった。

某協会会長セレクション60銘柄。

まずは9銘柄も「日本では入手困難」なものが入ってる件。幻の銘品ってことみたいだけど、マニア向けでもない特集でこう言う選択は如何なものかと...。自慢したいだけかい!と突っかかりたくなってみたり。ちなみに、他の寄稿者さんは入手困難品は挙げてません。当たり前だよなあ。

それと、ベルギービール好き垂涎の「幻のトラピストビール」、ウエストフレテレンを某業者で入手可能と挙げたのもかなり疑問。このビールは生産してる修道院での直接買い(小売り限定)か、そこの併設パブで飲む以外入手出来ない建前なのだから、入手困難品と位置づけるのが正しいのでわ?現実には横流れ品的にブリュッセルとかで手に入るらしく、某業者はそれを買い付けてるようですが、それはブラックとは言えないにしてもグレーな流通経路じゃあないですか?そう言う経路を肯定してる?って感じがしてどうも納得行かない。

ちなみに、このビール、私も世話になってる、日本一ベルギービール輸入に熱心な木屋さんは扱ってません。買い付けたくても「正式には」買い付け出来ない決まりですからね。
木屋:http://www.kiya.com/

実は、この某協会に入会してビアテイスター資格取得ってのに興味あるんですよね、正直。ビールの専門家として一定のステータスになるから。でも、トップがこんなんでだいじょぶなのかしらん、と思ってしまったなあ。

続・自遊人9月号2008年07月30日 18時41分26秒

記事感想をもう1件。

ピルスナー系ビールに芳香を与える「アロマホップ」で最も有名なチェコのザーツホップ生産が危機に瀕しているという記事が、なかなか力が入っていました。

米国のバドワイザーを代表とするライトラガー全盛の影響だそうです。ライトラガーには芳香は必要なく当然アロマホップも必要ではないので、ザーツホップが売れないのだとか。他のアロマホップ産地には潰れたところもあるそうな。

現在のチェコで純国内資本のメーカーが「ブドヴァー」だけになっているというのも驚きでした。ピルスナーウルケルは外資入ってるんですねー。幸いウルケルを買収した会社は味を変えないと宣言してるそうですが。

ライトラガーは別に好きなビールではないけど、親の仇みたく悪く言うこともないのでわ?(喉乾いてるときには有り難いんだし)というのがこれまでの私の考えだったのですが、アロマホップ生産を窮地に陥れているとなると...難しい話ですね。

自遊人9月号2008年07月30日 10時48分05秒

自遊人9月号

公式サイトの紹介記事

MacPeopleを近所の本屋に買いに行ったら、この雑誌の表紙が目に入り、思わず購入しました。

ほぼ全編ビール特集で、情報量凄いです。地ビール協会の田村会長、藤原ヒロユキさん、木屋の「若旦那」三輪一記さん、三輪さんとベルギービールの本を共著した「盲導犬クイールの一生」石黒謙吾さんなど、豪華な寄稿者連だし。

藤原さんの本と合わせて読めば現況最強の情報源かも。680円でこれならCP高いです。

ただし、この間シェア3位になった某社とタイアップした特集なので、その辺のバイアス適宜割り引く必要はありかと。さすがにちょっと違和感がきついなと思ったのは、「プレミアムビール」という言葉の連呼。本雑誌の別のコピー、「脱・とりあえずビール/新・ビール党宣言」の方が明解かつ適切だと思いますがねえ。

一方で、その某社ビール(プレミアムなやつですね)をベルギーやドイツに運んで試飲という企画は興味深かったですね。一定の好評は得られるだろうと予想して読み出しましたが、やはり好評。贔屓にしているものとしては素直に嬉しかった。

同じ会社がビールと缶チューハイを売るなんて2008年07月29日 20時22分51秒

ビール飲めない若者が急増中 ?(某タブロイド紙)との関連で。

味覚経験値を要するビールを売る会社は、ビール離れを本気で止めたいと思うのなら、この際、味覚経験値を高めるキャンペーンをすべきではないかと思って見たり。タイトルにあるように、味覚経験値をあまり要さない缶チューハイをいっしょに売るなんて宝酒造さんならいざ知らず、自殺行為だ!などとも思って見たり。

そう思って、大手4社のサイトをチェックしました。皮肉なことに、缶チューハイに一番力入れてない(ビールへの本気度が高い(?))某社が、こないだシェア最下位に落ちたんですな。簡単なお話しではないようで。

見逃した...2008年07月29日 11時59分18秒

BS朝日の"StyleBook"という番組に藤原ヒロユキさんが出演されてビールを熱く語ったそうなのですが、見逃してしまいました。

再放送はないんかい!

よなよなの里2008年07月28日 14時02分25秒

よなよなエールの公式サイトです。遊び心いっぱいのサイトで面白いですよ。ただ、サイト中で某メーカーを「夕日ビール」ってのはちょっと...シェア3位時代の蔑称ですから洒落になってないですって(苦笑)。

よなよなエールのヤッホーブルーイングは星野リゾートの全額出資会社だそうで、星野リゾートの社長さんインタビューがマックピープル8月号に載ってました。初代(128k)からのマックユーザーだそうで。と言うか、6/29に買った雑誌の記事につい先日気付いたオレって(汗)。

それはさておき、これはビール好きの編集者Aさんが一枚噛んでると見た(笑)。