家族でカラオケをした2010年08月29日 23時11分49秒

父が歌ってるときの画面
土曜日、松本サマーフェストで自分、父、弟で結構飲んだ帰り。

弟「カラオケやろう」
私、父「うんうん、やろうやろう」

この3人でこうして遊ぶのは初めて。
2時間ほど大いに楽しく遊びましたとさ。

梨元勝氏逝く など2010年08月23日 22時57分39秒

芸能レポーターは大嫌いなのだけど、梨元勝氏は、あの仕事を終生天職として奉じて生きたって感じがあって、いまいち嫌いになれなかった感。あの世でも渦中の人を追い回して下さい(苦笑)。

5月に治療した「外れた歯の詰め物」が再度外れてしまい、明日歯医者へ。前回の治療はびみょーに「あれ、前より高く(値段じゃないですよ)嵌ったなあ」感があったので、すぐ外れたのもしょうがないのかもですね。

ケロヨン!2010年08月13日 23時09分40秒

ケロ○ン繋がりで(笑)。

まずはwikiを見てくださいませ。
日本テレビ系列でかつて放映された『木馬座アワー』の着ぐるみ劇の主人公のカエルのことです。

で、これだけは大事なので念を押します。

ケロヨンとコルゲンのカエル(ケロちゃん)は別キャラです。混同してはいけません。グーグルの画像検索に出るくらいで信用するようでは甘い!ま、ケロヨンは劇中で「ケロちゃん」と言われてたので、リアルタイム視聴してないと間違えやすいけどな。

しかし、昔なら「ケロヨーン!」「バッハハーイ!」で説明不要に通じたのになあ・゚・(ノД`)・゚・。歳は取りたくないもんだ。

大のカーマニアでトヨタ2000GTを運転(!)、さらには恐らく日本初の自動車電話「カーでんわ」を持っていた、、趣味がとってもかっけーカエルだったんですよ。でも、決めぜりふが「ケロヨーン!」「バッハハーイ!(意味はもちろん、さようなら)」「ホョーンだもう(意味は(´・ω・`))」と言う、なんか妙にゆるいカエルでもあったのだ。共演にモグラのモグちゃんと言うのがいて、決めぜりふは、

「○○しまちゅよ、ドッカーン!」(と記憶)

ケロヨンもよかったけど、私はモグちゃんが好きでした(笑)。

当時とても人気が出て、映画って話になって2本撮ったんですね。それがいまDVDで手に入ります。
しかし、もうすこし経つと「ケロロ軍曹」との混同も進んでわけわかんなくなりそうだな...。



B000P5FY2Y藤城清治 ケロヨンのぼうけん [DVD]
藤城清治 いずみたく
コロムビアミュージックエンタテインメント 2007-07-18

by G-Tools

B000S00LTC藤城清治 ケロヨンの大自動車レース [DVD]
コロムビアミュージックエンタテインメント 2007-08-22

by G-Tools

JAL123便事故から25年2010年08月12日 09時57分01秒

もうそんなに経ったんですね...。

もう成人してましたので、絶望視される搭乗者名が延々読み上げられる臨時ニュースが怖いって感じはなかったけど、恐ろしい事故が起きたんだなあと言う衝撃は強かったですね。生存者が4名いたのは奇跡としか、と言うほどの大事故でした。

日本歌謡史に永く記憶される歌手、坂本九さんが犠牲になったのと、事故後、JALスポンサーの人気ラジオ番組「ジェットストリーム」が、かなりの間、飛行機の「キーン」の音を自粛して放送してたのを思い出します。

ケロミン!(not ケロリン、ケロヨン)2010年08月08日 00時56分12秒

カエル+テルミンちっくな電子楽器。ここでカエル、いや、買える。欲しい(笑)。廉価版の「コケロミン」というのもあるそうです。

ようやく車庫にクルマを入れた2010年08月06日 17時57分29秒

東京から持ってきた荷物と搬入に伴いはみ出した荷物の倉庫になっていた車庫を、なんとか片付けてクルマが入るようにしました。と言っても、粗大ゴミ予定物や処分未定物の配置をずらしてスペースをギリ確保したただけで、片付いた状態と言うにはおこがましいのですが(車庫入れ結構大変です(苦笑))。

それでも、ここんとこの猛暑で昼は照り焼き、夜はムクドリの糞害に遭ってる可哀想なクルマをようやく屋内に入れられてちょっとホッとしてます。

にほんブログ村ランキング&Pingoo!に登録2010年07月28日 22時59分25秒

ブログ更新をより広く宣伝しようとにほんブログ村ランキングへの登録をしようと思ったけど、アサブロにはブログ村サーバに更新情報を送るping機能が無いので、Pingoo!と言う送信代行サービスに登録しました。この記事がテスト投稿になります。

しかし、アサブロの前近代的仕様もたいがいにして欲しいよなー。

貴重なシャドーバンド画像2010年07月27日 10時25分04秒

リンクにも載せてる大学天文研の先輩、大越さんがこの度の南太平洋日食に遠征されたのですが、表題にあるような貴重なシャドーバンド画像を撮影され、アストロアーツのWebサイトに掲載されています。

シャドーバンドというのは、皆既日食の直前直後にさざ波のような影が地面を走る現象でして(日食情報センターの該当ページ参照)、私は3度の皆既日食体験で2度見たことがあります。地面に映る影なので、上空に薄雲があった場合にはその雲をスクリーンにして雲に投影されたシャドーバンドを見られる可能性があるのですが、今回それが目撃され写真に収められたというわけです。同じような写真が米国NASAとミシガン工科大が運営している天文写真サイト”Astronomy Picture of the Day(APOD)”このページに出ております。

シャドーバンドはコロナやダイヤモンドリングに比べれば地味ですが、皆既日食にならないと見られない貴重な現象であるということではコロナやダイヤモンドリングと変わりのない価値があり、またそれが薄雲に投影され黒い太陽と同時に見えると言う機会はとても貴重な巡り合わせです。今でも大越さんとAPODの写真にかなり興奮している次第(苦笑)。

ツイッターブログパーツを設置しました2010年07月22日 21時04分27秒

と言うか、1ヶ月近くエントリしてなかったですね(苦笑)。

セーラー服とガスマスク2010年06月28日 13時50分18秒

薬師丸ひろ子主演映画のパロディではありません(笑)
なお、若干R-18な話題ですので、大人の事情により質問されてもスルーする場合があります(苦笑)

軍国時代の我が国の出版物に、「セーラー服とガスマスク」なものがあると、sHiraさんから情報提供がありました。

軍国時代のイカレっぷりの酷さ となりがちだと察しますが、実はですね...

いま、「セーラー服とガスマスク」なものはですね、なんと、

漫画「ガスマスクガール」として出版されているのだ!

この漫画、紹介ページだけでものけぞります(笑)。

さらに言いますと、ガスマスクと言うのは、いろいろアレがコレでごにょごにょ...なアイテムなのです(苦笑)。ここ参照してね。