「歴史秘話ヒストリア」に関する記事について2010年09月23日 18時06分23秒

金城哲夫研究会の渡邊豊信さんから下記のようなご指摘をいただきました。

(引用開始)

はじめまして。制作関係で、最初に打ち合わせに立ち会った者ですが、山田輝子氏の著作の間違いが多い点は、現在では明白であり、私が「翼あれば」を復刻したり、「ファン倶楽部」を設立したのは、その間違いが踏襲されないようにとの事からです。玉川学園時代は、山田氏の記憶を重視いたしましたが、帰郷後は、玉城ゆう子氏や、「沖縄物語」の調査は、世良氏に依るところが大きいです。

一番、金城氏の心情を知ってらっしゃったのは、森口豁氏です。~山田氏の本は、1992年のブームの契機ではあれ、訂正していかなければならないのは事実であります。

ただ、自分達のブログでもふれましたが、金城家の心情に配慮しなければいけません。

(引用終了)

要は、私が参照した著作は誤りが多く信頼性の点で大いに問題があるとのご指摘です。

本件に関しては諸般を確認して納得が行った時点で再度記事なりエントリするつもりですが、危機管理のため、元記事は当面非公開扱いとします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hira.asablo.jp/blog/2010/09/20/5357589/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。