日本ハム、中日でプレーした上田佳範選手引退2008年09月27日 11時49分19秒

えっ誰?と言われても正直文句は言えない(苦笑)。

Hiraの出身地ではヒーローな人です。ありがちな野球留学生ではなく純粋に地元の人だったし、1回戦敗退がデフォのあの高校を(すいません)、甲子園決勝まで持ってきましたからね。

イチローに甲子園で投げ勝ったエピとかが有名で、プロでの業績は日本ハム時代の3割達成ぐらいしか目立ちませんが、強肩攻守の外野手だったんです。

記録からですいませんが、昨年、対巨人のCSで守備に起用され、見事な刺殺を決めたのが1軍での最後の見せ場だったそうで。

2005年に日本ハムを自由契約になった時はもう引退かと思いましたが、中日落合監督に引かれて中日でさらにプレーできたのは恵まれましたね。「周りの人に恵まれた野球人生だった」と言うメディアコメントは偽らざるホンネでしょう。

お疲れ様、上田選手。

コメント

_ shira ― 2008年09月30日 21時20分25秒

 上田選手、地元ではローカルCMにも出てましたよ。長野五輪の聖火ランナーも務めたはず。

_ Hira ― 2008年09月30日 22時17分26秒

どもども。
引退後はどうなるんでしょうかね。ドラゴンズでコーチという噂は聞いたのですが。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hira.asablo.jp/blog/2008/09/27/3785802/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 熟年ドラキチ  さぁ人生はこれからだぁ^^  - 2008年09月27日 22時49分06秒

3位からCS勝ち抜き、そして日本一へ という痛快なるドラマの序章に当たる今日の試合。絶対に負けられない試合だ。17年間の現役選手からの引退を表明したドラゴンズの上田外野手の引退試合でもある。甲子園での高校野球では松商学園のピッチャーで活躍もし、ドラフト1位で日本ハム入り。投手から外野手に転向し成功した選手の一人。日ハム時代には、当時日ハムに移籍した落合監督とも同じチームで戦い、落合監督は上田選手の真面目な野球への取り組みを評価して、日ハムから戦力外通告を受けた上田選手をドラゴンズが獲得したのだろう。こんなシーズン終盤で、CS進出をかけてデッドヒートを繰り広げている中にも、上田選手の「引退試合」として、たとえ1打席でもスタメン先発で起用するとは。落合監督の野球選手への接する基本的考えがよく現われていると思う。プロ野球で長くプレーしてきた選手には、終わる時は誰でも力は落ちているが、それなりの敬意を持って遇してあげるべきだ。 このような考え方がうかがえる。「上田選手、お疲れ様でした」さて、今日の大事な試合だが、先発吉見が初回にヒット、四球、ヒット、ホームランで、早くも4失点という前途に暗雲立ち込める展開。しかし、ドラゴンズも初回に李。荒木の連続ヒットと、今日5番に座ったウッズが2点タイムリーで2点を返し、試合展開に少しだけ明るさをもたらした。今日のポイントは、最終回の粘りの攻撃で和田ベンちゃんが押出し四球を選んでサヨナラ勝ちなったところは当然だが、やはり4回の裏のドラゴンズの攻撃だ。1死1塁から谷繁が送りバントで2死2塁。ここで先発吉見の代打に今日1軍登録された井上。今までチャンスに弱いと何度も私は指摘した井上が、タイムリー2塁打で1点追加。そして続く李が同点タイムリー3塁打。  いよいよドラゴンズの「痛快なるドラマ」に出演する役者が、舞台に出始めたのか。井上にしても李にしても、よくこの場面で打った。 偉い!そしてこのドラマには打線だけでなく、投手陣も役者が必要だ。先発吉見は今日は不調だったが、その後を投げたリリーフ陣は見事だった。清水昭、高橋聡、浅尾、長峰らの若竜投手陣。無失点に抑える好リリーフ。 浅尾が危険球退場というハプニングもあったが、長峰が気迫溢れるフィールディングで抑える。広島も今日はヤクルトに勝ったし、明日も同じ広島球場での最後の試合だから多分勝つ確率が高い